12.29 Thu 2016
BABEL by えん @YABISU YA PRO

Time

Open 22:00

Ticket

Adv : 3,000 / Door : 3,500 ※ドリンク代別途要

Act

GUEST DJ:
DJ NOBU(FUTURE TERROR.Bitta)

LIVE:
KEITA SANO

DJs:
ZEN(artribe.えん.six)
ISSON(Wax)
RYO(freedom)

LAZERLIST:
S.O.W LAZER(spectrum)

Info

ローソンチケット61922

【チケット取扱店】
dall 086-255-5868
ETERNITY 086-251-1218
Forty Five 086-222-4588
FVK 086-941-7305
GREEN HOUSE岡山店 086-245-8451
GREEN HOUSE倉敷店 086-421-3108
レコード屋倉敷店 086-423-0510
サウダーヂな夜 086-234-5306
Shuri 086-234-4911
trees 086-227-0175
⑤デリ田町店 086-235-3532
11 The Rock 070-5051-1169
FOLK STAND 



【問合せ】YEBISU YA PRO / TEL … 086-222-1015 / E-mail … info@yebisuyapro.jp
※IDチェックあり / 18歳未満入場不可 / スタンディング

DJ NOBU

 

FUTURE TERROR, Bitta主宰/DJ

 

NOBUの活動のスタンスをひとことで示すなら、"アンダーグラウンド"――その一貫性は今や誰もが認めるところである。
とはいえ それは決して1つのDJスタイルへの固執を意味しない。

 

非凡にして千変万化、ブッキングされるギグのカラーやコンセプトによって自在にアプローチを変え、 自身のアンダーグラウンドなリアリティをキープしつつも常に変化を続けるのがNOBUDJの特長であり、その片鱗は、[Dream Into Dream](tearbridge), [ON](Musicmine), [No Way Back](Lastrum), [Creep Into The Shadows](Underground Gallery)など、過去リリースしたミックスCDからも窺い知る事が出来る。


近年は抽象性の高いテクノ系の楽曲を中心に、オーセンティックなフロアートラック、複雑なテクスチャーを持つ最新アヴァンエレクトロニックミュージック、はたまた年代不詳のテクノ/ハウス・トラックからオブスキュアな近代電子音楽など、さまざまな特性を持つクセの強い楽曲群を垣根無くプレイ。それらを、抜群の構成力で同一線上に結びつける。

 

そのDJプレイによってフロアに投影される世界観は、これまで競演してきた海外アーティストも含め様々なDJやアーティストらから数多くの称賛や共感の意を寄せられている。
最近ではテクノの聖地"Berghain"を中心に定期的にヨーロッパ・ツアーを行っているほか、台湾のクルーSMOKE MACHINEとも連携・共振し、そのネットワークをアジアにまで拡げ、シーンのネクストを模索し続けている。

 

DJ NOBU (Future Terror/ Bitta - Chiba, Japan)

 

NOBU's stance as a DJ can be best described as underground -- his persistence is undisputed. However, that should not be confused with stylistic inflexibility.

 

Rather, his approach is singular and ever-changing, constantly modified and adjusted to the quality and the concept of each gig he plays. He keeps it all underground, yet he manages to mutate it. It is this ability that makes him stand out, as can be heard on his official mixes such as [Dream Into Dream] (tearbridge), [ON] (Musicmine), [No Way Back] (Lastrum) and [Creep Into The Shadows] (Underground Gallery.)
In recent years, he has been programming his set around highly abstract techno with authentic floor anthems, textured avant-electronic music as well as unknown house tracks, along with even more obscure contemporary electronic pieces. He excels in threading challenging tracks from his wide repertoires into a compelling story.

 

What he could present on the dance floor with his DJ set has gained much love and applause, even among many international acts he shared the stage with. Lately, he has been touring regularly to Europe including several appearances at the techno institution Berghain, collaborating with Smoke Machine crew from Taiwan, building his network worldwide to explore his new frontiers.

HP
Twitter
Facebook

KEITA SANO

 

1989年生まれ、左利き、from Okayama City

2014年よりMister Saturday NightSpring TheoryLet's Play HouseRett I Fletta等、多数(10ヶ国!)のレーベルから12inch Vinylを中心に作品を発表。フロアからのインスピレーションを軸に、ハウス/テクノ・ミュージックの高揚感、陶酔感、グルーヴ感を完全にモノにした熱量のある野太い音響表現は、世界中でDJ/クリエイターを含む多くの支持者を獲得中。Liveでは自身の楽曲を再構築してピークタイムのフロアへ落とし込む。 ハウス/テクノの枠を超えて、ポスト・クラブ・ミュージック・シーン全域からワールドワイドに期待を集める新世代アクト代表の一人である。

20168月、Crue-Lよりデビュー・アルバム「The Sun Child」をリリース。ベルリンPanorama Barを含む初のヨーロッパLiveツアーを敢行。Prins ThomasRett I Flettaからの2ndアルバム「Keita Sano」もリリース。2017 2度目のヨーロッパツアー、初のニューヨークツアーを経て、自身主宰のMAD LOVE Recordsを始動。同タイトルの12インチEpを発表。

2018年、パリのConcreteRising Sun Rock Festivalにも出演。年末にはCrue-Lより新機軸を打ち出した3rdアルバム「Partiest 1# 」をリリース。2019年には更なる新作リリースと共に、活動の拠点をベルリンに移す予定である。

03 March 2019 << >>
SunMonTueWedThuFriSat
0102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
LOGIN