09.05 Sat 2015
DJ NOBU『Nuit Noire』RELEASE PARTY OKAYAMA OPEN TO LAST SET

Time

Open 23:59

Ticket

Adv : 3,000 / Door : 4,000 ※ドリンク代別途要

Act

DJ: DJ NOBU(FUTURE TERROR / BITTA)
VJ: 宇川直宏(現在美術家 / DOMMUNE)
PA: ASADA

Info

ローソンチケット69935

【チケット取扱店】
dall 086-255-5868
ETERNITY 086-251-1218
Forty Five 086-222-4588
FVK 086-941-7305
GREEN HOUSE岡山店 086-245-8451
GREEN HOUSE倉敷店 086-421-3108
レコード屋倉敷店 086-423-0510
サウダーヂな夜 086-234-5306
Shuri 086-234-4911
trees 086-227-0175
⑤デリ田町店 086-235-3532
11 The Rock 070-5051-1169

※IDチェックあり / 18歳未満入場不可 / スタンディング
【問合せ】YEBISU YA PRO / TEL … 086-222-1015 / E-mail … info@yebisuyapro.jp

DJ NOBU

 

FUTURE TERROR, Bitta主宰/DJ

 

NOBUの活動のスタンスをひとことで示すなら、"アンダーグラウンド"――その一貫性は今や誰もが認めるところである。
とはいえ それは決して1つのDJスタイルへの固執を意味しない。

 

非凡にして千変万化、ブッキングされるギグのカラーやコンセプトによって自在にアプローチを変え、 自身のアンダーグラウンドなリアリティをキープしつつも常に変化を続けるのがNOBUDJの特長であり、その片鱗は、[Dream Into Dream](tearbridge), [ON](Musicmine), [No Way Back](Lastrum), [Creep Into The Shadows](Underground Gallery)など、過去リリースしたミックスCDからも窺い知る事が出来る。


近年は抽象性の高いテクノ系の楽曲を中心に、オーセンティックなフロアートラック、複雑なテクスチャーを持つ最新アヴァンエレクトロニックミュージック、はたまた年代不詳のテクノ/ハウス・トラックからオブスキュアな近代電子音楽など、さまざまな特性を持つクセの強い楽曲群を垣根無くプレイ。それらを、抜群の構成力で同一線上に結びつける。

 

そのDJプレイによってフロアに投影される世界観は、これまで競演してきた海外アーティストも含め様々なDJやアーティストらから数多くの称賛や共感の意を寄せられている。
最近ではテクノの聖地"Berghain"を中心に定期的にヨーロッパ・ツアーを行っているほか、台湾のクルーSMOKE MACHINEとも連携・共振し、そのネットワークをアジアにまで拡げ、シーンのネクストを模索し続けている。

 

DJ NOBU (Future Terror/ Bitta - Chiba, Japan)

 

NOBU's stance as a DJ can be best described as underground -- his persistence is undisputed. However, that should not be confused with stylistic inflexibility.

 

Rather, his approach is singular and ever-changing, constantly modified and adjusted to the quality and the concept of each gig he plays. He keeps it all underground, yet he manages to mutate it. It is this ability that makes him stand out, as can be heard on his official mixes such as [Dream Into Dream] (tearbridge), [ON] (Musicmine), [No Way Back] (Lastrum) and [Creep Into The Shadows] (Underground Gallery.)
In recent years, he has been programming his set around highly abstract techno with authentic floor anthems, textured avant-electronic music as well as unknown house tracks, along with even more obscure contemporary electronic pieces. He excels in threading challenging tracks from his wide repertoires into a compelling story.

 

What he could present on the dance floor with his DJ set has gained much love and applause, even among many international acts he shared the stage with. Lately, he has been touring regularly to Europe including several appearances at the techno institution Berghain, collaborating with Smoke Machine crew from Taiwan, building his network worldwide to explore his new frontiers.

HP
Twitter
Facebook

宇川直宏

宇川直宏(DOMMUNE)

1968年生まれ。映像作家/グラフィックデザイナー/VJ/文筆家/京都造形芸術大学情報デザイン学科教授/そして現“在”美術家など、幅広く極めて多岐に渡る活動を行う全方位的アーティスト。既成のファインアートと大衆文化の枠組みを抹消し、現在の日本にあって最も自由な表現活動を行っている"MEDIA THERAPIST"。日本に於けるVJのオリジネイター。また、1980年代末「ヤバイ」という日本語スラングを初めて肯定的な意味に変転させて使用し、著述を通じて世間一般にまで広めた人物でもある。DVDに「MAD HAT LAUGHS!!!!!」(Ki/oon)、「Scaning of Modulations」(UPLINK)、「BOREDOMS / SUPERSEEEE!!!!!!!!!」(Warner)他。ミュージシャンとしては2008年、UKAWANIMATION! 名義で「ZOUNDTRACK」(avex trax)、2009年、XXX RESIDENTS名義で「ATTACK OF THE KILLER BLACK EYE BALL」(Yamaha A&R)をリリース。作品集として「GAS BOOK7」他。2010年3月、突如個人で立ち上げたライブストリーミングスタジオ兼チャンネル「DOMMUNE」は、開局と同時に記録的なビューアー数を叩き出し、国内外で話題を呼び続けている。現在、宇川の職業欄は「DOMMUNE」。著書として「@DOMMUNE-FINAL MEDIAが伝授するライブストリーミングの超魔術!!!!!!!!」(河出書房新社)他。今年は国内外の現代美術の展覧会で精力的に作品を発表している。
DOMMUNE  www.dommune.com/

03 March 2019 << >>
SunMonTueWedThuFriSat
0102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
LOGIN